ベルブラン 成分

「キレイに磨いているのに歯の黄ばみが…」
「自宅で手軽にホワイトニングしたい」
「自信をもって笑いたい!」

そんな悩める女性に人気なのが薬用ホワイトニングのブレッシュホワイトニングです。

ブレッシュホワイトニングの有効成分はどのような働きをしてくれるのでしょうか?

この記事でわかること

  • 有効成分4つの効果
  • ブレッシュホワイトニングの有効成分の働き

ブレッシュホワイトニングの有効成分どんな働きが?

白衣女性

ブレッシュホワイトニングは、いつもの歯磨きを変えるだけの簡単ケア。

毎日の歯磨きでホワイトニングを手軽にできます。

今回は、ブレッシュホワイトニングに配合されている有効成分から得られる4つの効果について調べてみました。

ブレッシュホワイトニングの4つの効果

  1. ホワイトニング効果
  2. 汚れに強い歯をつくる
  3. 歯周病・口臭・口内環境を整える
  4. 口臭予防

それぞれの有効成分の働きを詳しく調べてみました。

❶ホワイトニング効果

研磨剤を使わず、歯を白く導いてくれます。

ポリリン酸ナトリウム
歯の表面に付着した汚れを優しく浮き上がらせて剥がし落とす効果。

歯の内部を漂白する「過酸化水素」の漂白効果を高める働きがあります。

❷汚れに強い歯をつくる

歯の再石灰化を促進して強い歯をつくる。

グリセルリン酸カルシウム
歯の再石灰化を促進して「汚れに強い」歯を作り、初期虫歯の発生を防ぐ効果が期待できます。

また、歯のコーティング作用もあり歯をしっかり守ってくれます。

❸歯周病・口臭・口内環境を整える

歯磨きには欠かせない虫歯予防の効果が期待できます。

「グリチルリチン酸ジカリウム」
炎症をおさえる働きがあり、歯茎をケアします。

歯周病予防、口臭予防、口内環境を整える効果も期待ができます。

❹口臭ケア

口臭を防いでさわやかな息にしてくれます。

メントール
メントールはチューインガムや歯磨き粉など、口中清涼剤などに多く使われています。

スーッとする清涼感があり、抗菌作用もあるので口臭の原因菌を減らすのを助けてくれて口臭ケアに期待ができます。

まとめ

yui

  1. ホワイトニング効果
    ポリリン酸ナトリウム
  2. 汚れに強い歯をつくる
    グリセロリン酸カルシウム
  3. 歯茎ケア
    グリチルリチン酸ジカリウム
  4. 口臭ケア
    メントール

ブレッシュホワイトニングに含まれている有効成分の働きはホワイトニングだけじゃないみたいですね。

ホワイトニング効果だけじゃなく色々な良い効果が期待できることがわかりました。

色々知れて「毎日使ってみるのがもっと楽しみ」になりました。

矢印

ブレッシュホワイトニングの口コミとレビュー
ブレッシュホワイトニングの公式サイトはこちら

ブレッシュホワイトニングの成分表

【ブレッシュホワイトニングの原材料】

◎有効成分:ポリリン酸ナトリウム、グリチルリチン酸ジカリウム

・湿潤剤:濃グリセリン、プロピレングリコール、ソルビット液、シャクヤクエキス、オウゴンエキス、ドクダミエキス、チャエキス(1)、1,3-ブチレングリコール、グリセロリン酸カルシウム
・基剤:精製水
・粘度調整剤:無水ケイ酸、カルボキシメチルセルロースナトリウム
・香味剤:ハッカ油
・保存剤:安息香酸ナトリウム
・清涼剤:l-メントール
・可溶剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
・pH調整剤:水酸化ナトリウム、無水クエン酸